top ism system menu map story bbs mail

 

かつた
ラーメン”現○”を曲がればすぐ其処が”山○”!
またもや、もつ焼きを求め来てしまった.......。
先を歩く男性も当然のごとく○市に吸い込まれる。
が、すぐ吐き出された..........もしや満員なのか.....。
何やら携帯を取り出し、連絡をしている模様。
”団体さんだったのかな?” 中をのぞくと、やはり一杯......。
女将さんと目が合う、すかさずひとさじ指を伸ばす。
「そこでいい?」 カウンターの縁をさす。
「はい。」 ここの席は初めてだな。 いわゆる”誕生日席”だ。
「ビンビールを、あとレバ5本とハツ塩で3本ね」
込んでいると思いふぁーすとおーだーは既に決めていたのだ。
それにしてもすごい活気だ。
おっと、お店の人の”通り道”だけに常に前傾姿勢。
さらに、台というかテーブルが高いので顎はあげ気味........。
帰る頃には背中がつるかもしれないなぁ。
などと、苦しい姿勢を保っていると、
「予約していた、○△だけどぉ」 とスーツ姿の男性が入ってきた。
「ハイ、外ね!」  女将さん、即答である。
「へ、そと?」  怪訝そうな感じだがそのまま外に出て行く。
う〜ん、外でも呑めるのか、これからの季節はいいですね!
「ハイ、レバ5のハツ3ね」 熱々で登場です。
「あくぅ」おもわず声にでてしまう。 ビールを流し込め!!
今日のレバは”よく焼き”状態。これはこれでおいしいぞ!  ビールがすすむ。
ハツはカラシをくいっとつけて頂きます。 これまたビール×2。
「タンとつくね2本ずつね あっ後、お新香下さい」
目の前がレジなので注文がしやすい。いい場所ですね。

お二人さんがみえたので”お誕生日席”を譲って一般席に移動です。
「ハイ、タンつくねお待ち」 ここで冷酒に移行。
のんびりここにいる時間を楽しみます。

右となりの若者3人連れがお帰りです。
っと、今度は4人組が来店。
左隣があいていたのでこれまた移動します。
「今日は移動ばかりですね」とお隣さん。 うろちょろ渡り歩いている爺。
「ホントに、もうすぐスタート地点です」

さすがにもう移動はなく、お酒をお替わり。
お新香とともに頂いて、「ごちそうさまです」
お隣さんに軽く挨拶をして勝田を後にします。


夜風が気持ちいい。
〆のお酒を求め”ラ○ズ”のドアを開ける。




 

(2006.5.15[Mon])


もどる
バックナンバー一覧
Powered by HL-imgdiary Ver.3.00