top ism system menu map story bbs mail

 

東海
久しぶりの”酒選○”。
本日2件目です。
おなかは一杯,お酒も飲んできたので既にいい感じです。
「サラダとチーズフォンデュ」をオーダー。
私はお酒を選びに隣にある酒蔵(お酒屋さん)へ。
んーやっぱりワインがいいかな〜。
おっ,おいしそうなスパークリングワインがある。これにしよう。
店員さんが手早く持っていく。 あけてきてくれるのかなぁ〜。
チーズフォンデュ登場です!  おいしそう!!
くるくるっと巻き付けて,パクっ!  うまい!!!
早く飲み物が欲しい...................。

オッッやってきました。  氷水の中で冷やしていたのですね。 感謝!
では早速,とくとく。  
んー,炭酸が心地いいです!   
楽しい時間はあっという間。すっかり完食。ごちそうさま。


3件目。
メイプル○フェ。
ゆっくりお茶しようと思いきや。
閉店時間間近じゃーありませんか。
急ぎ流し込み。次へ。


4件目。  デニー○。
女性陣はケーキ。
私はビールとポテト。
〆がデニー○とは.................。

2005.7.30[Sat]
お気に入り。
最近楽しく読まさして頂いている本があります。
””落語百選””(春夏秋冬乃四巻)
実際どうだっていい話しなんですけど
このどうだっていいで,世の中成り立っている訳で
馬鹿馬鹿しい話しや,艶っポイ話し、粋でいなせな話し
読めば読むほど楽しさが解ってきて
何度も読み返してしまいます。

演芸場に行きたいなぁ。

(2005.7.29[Fri])
原○酒場
迷子になってしまった。
いや,もう子供ではないから迷い爺(?).........。
確かこの変だったはず............はず...........何処。
同じ道を行ったり来たり,まだまだ自分の方向音痴は健在だ。
もうこの道しかあり得ない。  あった。
今回も迷ってしまった”原○酒場”どうにか到着。
「こんにちはぁ〜」
結構なにぎわいです。 テーブル席はほぼ埋まって,カウンターにも5人ほど。
一番出入り口に近いカウンターに座る。
女将さんの隣なので注文は通りやすいが,TVとメニューが見えない。
「なんにしましょ」
「梅割り下さい」 咽が渇いていたのだが,今日は梅割りが呑みたくてここに来たのだから最初から”梅割り”!
女将さんが大正ロマンの香り漂う多角形のグラスに焼酎をドボドボと注ぎ梅シロップを足すといい感じに受け皿にこぼれます。
カウンターから受け取る時にそれ以上こぼさないよう手元へ持ってきて,グラスの方へ口を持っていき,”ついっ”と。
なぜか,駄菓子屋を思い出す。  あー立ち飲み(特にキャッシュオンデリバリー)なんかは大人の駄菓子屋って感じがするけど,この味も.........。
頃合いを見計らって「何にしましょ」
「お新香下さい」 お刺身を食べたいところなのだが食事してきちゃたからなぁ。
店内は活気があっていいなぁ。カウンターも常連さん同士話しが弾んでます。
隣の紳士は,食事がてらなのか黙々と食べ呑んでいるぞ。
「カツオ煮とお替わり」 ん〜今日はこれで〆かなぁ〜。 
「いやぁー,ビール飲むの上手だねぇー」感心げに女将さん。
隣のお紳士のグラスに細かく”ヒゲ”(泡の残り線)が。
最初にビールにしなくてよかった。 独り胸を撫で下ろす。

常連さんは最近海近くに出来た銭湯の話し。
突如となりの紳士が参戦。おっトークが止まらないぞ。 たのしいなぁー。
いや,ここでお替わりしてしまうとこのままズルズルといきそうだ。
明日も仕事!
カウンタートークも一段落したところで。
「ごちそうさま」
後片付けをして,「お先です」

さてと,何処行こうかな。

(2005.7.28[Thu])
オール○パル
某日。
食事を終え,帰途につこうかと思いきや
オール○パルに行きたいとミー助。
そういえば,マスターお手製”ハンバーグ”まだ食べていないなぁ〜。
んー,でも今日は食べ物はつらいかも..........。
さらに体調も悪いし,一杯だけにしようっと。

「こんばんはぁ〜」
おっ,やはりN氏は指定席でロックですね。軽く会釈。
ミー助は,”カシスオレンジ”をオーダー。
んー,何にしようかなぁ〜。
マスターがオレンジの皮をむき始める。  柑橘系の香りがいい感じです。
『オレンジブロッサムをお願いします」
『ショートとロングはどちらにいたしましょう」
『ショートでお願いします」 マスターのハードシェイクが楽しみ。
おおっゴードンジンですね。 薬といえば”ジン”ですね。
カシスオレンジとともにやってきました!
思わず目をつむって堪能。  おいしすぎです!!
ポテトサラダを一口。  くぉっ,この味はシングルモルトと合わせたい。
んん〜しかし,ストレートはつらいぞ。
『ヴァルベニーをトワイスアップでお願いします」
むむ,やはりぴたりとおいしいぞっ。
お店も込んできました。 お互い〆の一杯を,
『ジンバックとアールグレイをお願いします」
おっ今度のジンはタンカレーですな。 楽しみ楽しみ。
アールグレイは最後の一杯。ぎりぎりセーフ!

「ごちそうさま」
体調が悪くてもおいしいお酒は別腹なんですね。



のんびり歩きますか。
ほてった顔にはちょうどいい夜風です。
ただ残念なのは,ハンバーグがなかった事..........。
ハンバーグにはやっぱりビールかな?

(2005.7.27[Wed])
神酒  (おみき)
都内某所。
「こんにちはー。」 
今日も暑かった。こんな日の一杯目はもちろんビール。
.........ふぅー、うまい。
さてさて,お刺身を頼んでおきましょう。
次のお酒は何にしようかなぁ〜っと,んっ神酒があるぞ!!
(純国産ラム酒 50度)
カメの中で25度にしたやつがあるらしい。 それください!!
ここのお刺身とこのお酒が非常に合う。いや合いすぎるぞ! お替わり下さい。
”たこ”ウラメニュー。炒めと炙りをオーダー。お酒お替わり。
くぅおっっ! このたこの炒めは絶品! お酒がすすむ。 度数の割に飲みやすい危険なお酒だ...........お替わり下さい。
炙りもこれまた.......................お替わり。
あー酔っぱらってきたぞ。
〆に,握りともう一杯!

ふぅ,呑み過ぎたなぁー。  ふらふらぷらぷら歩いていると、
もんじゃ半額の張り紙.........東京と言えばもんじゃ焼きだよなぁー。
よし,ここで〆ますか!   ってさっき〆たばかりなのに..............。
『生と,おすすめお好み焼きと,..........おっ牡蠣がある』
『岩がきです。大きくてとてもおいしいです。もんじゃと合わせるとおいしいですよ』(大将)
『フヘー、なんて贅沢なもんじゃなんじゃ。じゃーそれ下さい』
酔っぱらいとは恐ろしい。待て爺,きっと財布は泣いているぞ!
さすがに,ビールはすすまない。 店内を見渡すと若者が多いぞ。
にぎやかでいい感じ。
大将がお好み焼きを焼いてくれる。おいしそう。さんざん食べた後なのに....。

おおぅ!これはおいしい!!  星三つです!!    心の中で大絶賛!!!
お好み焼きっておいしいんですね。 このフワフワ感がたまりません。
こうなるともんじゃも期待大。
ダイナミックに大将がつくり始める。  岩がきもメッタザシだぁー。
あぅ,今度は,濃厚な味ですね。  おいしい。
今度はゆっくり来たいなぁ。

『ごちそうさまー』
さぁ,お水を買って帰りましょう!

(2005.7.22[Fri])
天気もいいし!
ひ○ち海浜公園。  
先日久しぶりに行って参りました。
んー,平日はガラガラですなぁー。  ワンコ連れにはぴったし!
ムー助は早くも興奮気味!!  独り芝生でコロゲ回ってます。
たのしそう..........。

さてさて,お待ちかねのボール投げ!
グラ○ステージで購入した,”楽々ボール投げ”を使用。
下に落ちているボールをつかめる優れもの。手が汚れないのが嬉しい!
「うりゃ!!」  ぐんぐん飛びます。
一気に突っ走るムー。ボールを見失って立ち止まりキョロキョロ。
その辺がかわいいぞ!  
ボールが落ちて気がついたぞ(笑)。
あーホントにのどかな日だなぁー。

運動不足解消のため,50回ほどしますか!
合間に水を飲もうね。
これが、おいしいんだろうな!!

2005.7.9[Sat]
神楽坂
久しぶりの遠征をしました。  〜神楽坂〜
神楽坂で呑むのはこれで2回目。今回もメンバーは,Mさんとミー助,爺です。

ぐんぐん坂を上って,車1台がやっとのこみちへ入って2回ほど曲がると,
元お相撲さんのちゃんこ料理『琴乃富○』です。
さて,この琴乃富○さん、かな〜りの毒舌らしい......。
「こんばんは〜,3人大丈夫ですか〜?」 (Mさん)
『ハイヨ!! 奥のテーブルどうぞ!』  (大将)
ーおっ,いい感じじゃーないですか。 カウンターにテーブルが3つ。うちらで満員ですね。
『あ〜ごめんね,今日は◯○いないよぉ〜」 (Mさん)
『えっそうなぉー、じゃーダメ!  席はないよ!!』 (大将)
ーこっこれが,噂の毒舌トーク.......。
すかさず,女将さんが張り手を食らわす! 大将、目をパチクリ。
ー見事な連係プレー。ここはパフォーマンス料理屋か。

無事席へ着くと,ちゃきちゃきとした感じの女性が注文を取りにきてくれる。
『とりあえず,ビール。Mさんは麦焼酎水割り」
刺身盛り合わせ,せんべい2人前、力キュウリをオーダー。
お通しの揚げ浸し茄子がおいしいぞ。ビールがすすむ。
焼酎の炭酸割り下さい!
刺し盛りと力キュウリ到着。
サシモリに”水茄子”がある!いいねぇ〜夏だなぁー。わさびもおろしたて。
焼酎がすすむ。  お替わり下さい。 
カウンターは大将がトークを引っ張ってます。 さすがにテーブル席のお客まではいじりません。
う〜ん,やっぱりお刺身はさっぱりしていておいしいなぁ〜。
スタッフと目が合う。お替わり下さい。 呑むペースとか食べるペースに合わせて気配りしてくれる。ここはお酒がすすみそうだ。 
シラウオのお煎餅登場!   初めてです!!
こっこれは止まらない味ってやつですね。 程よい塩加減がたまりません。
焼酎をグビッ、おっおかわり!
〆の料理にステーキとホワイトアスパラをオーダー。
生アスパラを軽くゆでて,ウニソースで頂く。  焼酎おかわり。

ステーキも届く。カラシ付き。
んーもう一杯!

お土産(?)に番付表を頂く。 
今度はカウンターに座りたいなぁ〜。


さてと,次は何処に行こう..............。 

二件目。 bar Jug
この間行ったバーの向かいにあるお店。
入り口が低い引き戸のドアです。隠れ家チックでいいですねぇー。
先客は,奥に男性3名、中程に男女1名ずつ。  入り口付近に座る。
バックヤードにボトルが並ぶ。バーに来たなと思う瞬間ですね。
年代物のシェリーロック(Mさん),マンゴーカクテル(ミー助),フローズンダイキリ(爺)。  ピスタチオととも頂く。 
二人は会話を楽しむ。  そのスキに,二杯目、ヴァルベニー ダブルウッドをロックで頂く。  うんうん,しっかりとしたお酒がおいしいぞ!
ここは食べ物もおいしいらしい。 ソーセージと自家製生チョコをオーダー。
生チョコかぁ〜。ここはガツンとくるのを合わしたいなぁー。
『アードベックをストレートでお願いします」
んー,かなり強いスモーキーさが生チョコと合います。
カシスオレンジ(ミー助),若いシェリー(Mさん)
では、そろそろ............。



............3件目    おそばやさん。
女性陣は,白ワイン。 爺はサージギネス。
そばがき、牛たたき,打ち立てそばをオーダー。
気がつけば,午前3時......9時から呑んでいるのに.......。
Mさん,仕事は大丈夫だろうか?    心配。
いいかげん帰りましょう!!




1度部屋に戻り,爺一人また出かける。
仕上げにラーメンを........。
タクシーを降りるとき,見えたトンコツ屋さんに急ぐ。
時間も時間だけに誰もいない店内。
豚骨ラーメンが届く,おお,極細めん。
いやー,しかしさすがにきつい。完食は無理ですね。

明日の自分の為にも自販機で”水”を確保。
このお水が本当においしいんですよね〜。

(2005.7.8[Fri])
日立某所。パート2
雨の中車を飛ばし,二度目の”○△□し”。
ーさてさて,おっ、込んでるなぁ〜,でも独りぐらいは大丈夫かな?
「ひとり?」  (マスター)
「ええ,一人です』  指を一本立てる。
「ホントに一人?」 (マスター)
「.............ひとりです」  冗談だと思ったのかな?
そんなこんなでカウンターへ。

囲炉裏席はほぼ満員,カウンターも二席しか残っていなかった。
んー,寒いし一杯目は,「ぬる燗下さい」 そう,ここでのぬる燗楽しみー!
マスターがたっぷりと湯の入ったやかんを持ってきてその中にお銚子を入れる。
その間にオーダー 季節物の「鮎と,トビウオのたたき」

隣の男性は常連さんらしい。
釣りの話しで盛り上がる。  私はやりませんが聞いているだけでも楽しい。
そこへ,「ごめんなさい,ちょっと熱燗になってしまいました」
燗具合の話しで常連さん、マスター,爺でしばし談笑。
身体も温まってきたし,「純米吟醸 酔鯨下さい」 あーおいしい!!
トビウオとの相性もバッチリ!
次は呑んだ事のないやつをマスターと相談して,「醸し人九平次 純吟」(愛知)
マスター曰く,しっかりと丁寧に造られたお酒との事。
私はそこまでは解りませんが,好きな味です。馬刺より薄味のタケノコや山菜とやりたいかな。

いつの間にか,お客さんもカウンターだけ。
常連さんが,マスターにベーコンをつくってと繰り返す。
無類のベーコン好きなのかな?
マスターが,ベーコンもいいけどソーセージだな。
ーう〜ん,自家製ベーコンに,自家製ソーセージ。こっこれはビールだな。
ぼんやりそんな事を考えていたら,厨房の人がサービスでトビウオの卵をごちそうしてくれる。   .......おいしい。
マスターもカウンターに座ってみんなで食べ物の話し。
鮎も焼き上がってきたところで,〆のお酒。
「十四代 本丸と十四代 中取り 生を下さい」
う〜ん,この呑み比べは贅沢だなぁ〜。



でもここは,独りカウンターより,囲炉裏席がいいかも。

(2005.7.6[Wed])
取り扱い注意!
 その場にふさわしい姿形でいると落ち着くし,楽しい。髪型も然り。
時たまではありますが,きちんとした服装、いや,かっちりきっちりとした服装にすることがありまして。
 え〜メンタル面が凹んでいる時や,はたまたノッているとき,ケースはいろいろございますが,今日はピシッとした感じがいいなっ。ってな日はネクタイなんぞくくりつけまして商いをいたします。するって言うとどこかだらんとしていたところに一本スジが入った感じになりまして。これが楽しい。
 格好で気分が変わるなんてのは,子供さんがお面でもかぶりまして『◯○マン、○△レンジャー!!』等とその気になるのと同じでございます。
何とも単純な話しでございます。まぁ〜でもこの単純さがいいんでしょうな。
気分がいい,ゴキゲンな感じでその場所,
.........場所なんてのは何処でも言い訳でして,ホテル最上階のバーでカクテル,定食屋さんでみそ汁をすする,外で洗濯物をパーンと干す......ええ〜そのゴキゲンな感じで空間に身を委ねますと,........これが,何とも言えず気持ちが好いものです。
っとまぁ〜日常でも非日常でも気分次第でさらにゴキゲンになれる訳です。
 ただこのゴキゲン、日常だと解りにくいと申しましょうかあまり気がつきません。
気がつかない,なんて申しますと寂しいのでちょっと忘れちゃってる。
 あんまり長い事忘れていますとあった事(何も過去じゃーなくても)ある事までなかった事になってしまいます。
 ”ゴキゲン”はちとデリケートに出来ているみたいでございます。
 お取り扱いの際は十分お気をつけ下さいませ。

2005.7.3[Sun]
某所。
ミー助の話しを聞いてこれはもう行きたい.........。
そう,とある名酒系居酒屋さん。

おおぅ,薄暗い店内これは酒の保存を考えて、というのも一つあるな。
期待に胸膨らむ。
席に案内される,まだ時間が早いせいか、サラリーマンが3名、常連らしき男性がカウンターに1名。  今回は案内人ミー助と一緒なのでテーブル席。
床から天井まで日本酒が飾ってある。 期待で頭イタくなる。
まずは,田酒(1合)を頂く。青森のお酒。「この時期は山廃です」オーナーさんが持ってきてくれる。  カシスオレンジのミー助と乾杯。
おいしい。お通しのイカ煮ととても合う。すいすい呑めるなぁ〜。
「鮎と刺しみ盛り,カシラが二つと牛のたたきを下さい」
店内を見回す。ン〜素敵だなぁ〜。 おつとめ帰りの方4名様ご来店。にぎやかになるかな? お酒もあいたし,次のお酒を求め出入り口にある酒冷蔵庫を見に行く。
十四代を筆頭に,久保田、男山,黒龍、東一,南、美丈夫...............等々。
おっ,”純米吟醸無濾過 花” これください。
どっしりしていておいしい。  あーでもキョロキョロしてしまう。
会話が成り立たない。 ミー助ちょと怒りモードか。
たたきで呑んでいると,カシラが到着。特製甘辛みそで頂く。
とてもジュウシィー。こっこれはお酒を脇に置き,「レモンハイ下さい」
うんうん,まったりとした口の中にさっぱりとした炭酸がとても合うぞ!
ミー助もカシスをおかわり。おいしい物は怒りを忘れる...。
さてと,次のお酒を求め歩いていくとオーナーがいる。
オーナーおすすめの”豊盃“をいただく。同じ青森のお酒。山田錦のシールが張ってある。確か,五百万石に近い豊盃米バージョンもあったような?
オーナーとしばし話しをする。カウンターの後ろは西方のお酒で玄関は東方のお酒をおいてあるらしい。  ホー解りやすい!!
席に戻ると,ミー助はメールの真っ最中! またもや怒りモード突入か?
酔いも半分になる.....そうだ!!おいしい物を頼まなくては。
「生ガキと馬刺、後お新香下さい」カシス追加。
お刺身と合うなぁ〜。  そういえばさっき気になるお酒があったなぁ〜。
お店も活気づいてきたぞ。 オーナーさんが「十四代がおすすめですよ,今あるのは,8〜10種類くらいかな。本丸がおすすめです」
そうかぁー、でも本丸呑むのならもっと先に呑んでおくべきだったよなぁー
などと思いながら,カウンターに行く。
そろそろ〆のお酒だなぁー。
ー爺     「あっ馬刺と生ガキ下さい」
ースタッフ  「えっ,先ほどご注文頂きましたよ」
ー爺     「すみません」振り返るともうテーブルに到着済み。
これはまさしく酔っぱらい! 恥ずかしいゾ!!
呂律がちゃんとしているのを確認しつつ,「雨後の月下さい」
大丈夫だ,きちんと言えたぞ心の中で小さくガッツポーズ。
飲みやすいお酒,馬刺もおいしいぞ! 生ガキもぷりぷりジューシー。
最後に野菜サラダをオーダー。
カシスをおかわり。 爺は生ビールでホントに〆。
もっと近くにあったら軽く呑めるのに...........多分。

(2005.7.1[Fri])


もどる
バックナンバー一覧
Powered by HL-imgdiary Ver.3.00